民泊で禁止事項・注意点について説明する5つの英語フレーズ

民泊やシェアハウス運営において外国人を滞在させる際、近隣住民や他の入居者とのトラブルを避けなければなりません。そのためには事前にきちんとルールや注意点を説明することが管理者として責務です。

そこで今回は民泊・シェアハウス運営でよくでる注意点について英語で説明するフレーズをまとめてみました。

ゴミの分別を説明する英語フレーズ

Japan is very strict about recycling trash, but please be sure to follow Japanese recycling rule.

日本のゴミの分別は非常に厳しいですが、ルールに従って分別をお願いします。

Please do not mix burnable and non-burnable trash.

基本的に燃えるゴミを燃えないゴミは一緒にしないでください。

For recycled items, you can check the detail with recycling rule list in your room.

リサイクルできるものの詳細は、部屋に置いてあるゴミ分別ルール表をご確認ください。

Please be sure to~

Please be sure to~: ~を必ずしてください

お願いする際に使える英語です。注意をする際に、きつく言えないけどしっかり警告しておきたいという状況で使いやすいです。

日本のゴミの分別ルールは市によっても違います。欧州は比較的ゴミの分別意識が高いように思いますが、他国では分別せずに一緒に捨てても問題ない国もあります。

日本のルールの詳細は別途リスト化して各部屋に置くといいでしょう。指定のゴミ袋でしかゴミ捨てができない場合は、

Please use the designated garbage bag when you throw away.
(ゴミを捨てする際は、指定のゴミ袋をご使用ください。)

と言うといいでしょう。

連れ込み禁止を伝える英語フレーズ

Please do not bring someone who did not resister into the room when you made a contract.

契約時に登録した人以外の連れ込みはしないようにお願いします。

Bring 人 into 場所

Bring 人 into 場所:場所に人を連れ込む

海外のホテルは1部屋にお金を支払いますので、その感覚が染みついている方が多いです。

契約した際に宿泊者情報を登録した人以外を連れ込み、一緒に宿泊するなんてことも頻繁に発生します。何か問題が起こった際に責任はとれませんので、最初からしっかりと警告しておきましょう。

チェックアウトの時間厳守を伝える英語フレーズ

Please check out by 11am. If you do not check out by 11am, you will be charged an extra fee.

午前11時までにチェックアウトしてください。もし午前11時までにできない場合は、追加料金をお支払い頂きます。

S V(be動詞) charged~

S V(be動詞) charged~: Sが~を請求される

室内土足厳禁を伝える英語フレーズ

Please take your shoes off before entering a house and use the slippers.

部屋に入る際は、靴を脱ぎスリッパをご利用下さい。

Take shoes off

Take shoes off: 靴を脱ぐ

他の言い方として、

Please do not enter a house without taking your shoes off.
(靴を脱がないで部屋に入らないでください)

もあります。

もちろん靴のまま部屋に入る事は禁止ですので、Do not enter~と言いたいところですが、そうすると非常にきつい言い方になるので、必ず「Please do not」から始めるようにしましょう。

夜間の騒音を注意をする英語フレーズ

Please do not make noises especially at midnight.

特に夜間はうるさくしないようにお願いします。

Make noises

Make noises: うるさくする、騒ぐ

「Please keep quiet especially at midnight.(特に夜間は静かにしてください。)」でも問題ありませんが、注意の場合は「Do not」を使用することで注意喚起を促せます。

まとめ

いかがだったでしょうか?

民泊やシェアハウスではきちんとルールを守らせることが大事です。外国の方が滞在される場合は日本の常識・文化を把握していないことが多いですから、今回のフレーズなどを用いて説明してあげてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です