近所の施設(コンビニ、区役所、駅)や、おすすめの観光スポットを教えてあげる時のフレーズ

民泊やシェアハウスの運営で外国人の方を受け入れる際、最寄りの施設を訪ねられることがあります。よく質問があるのは住民登録などを行う区役所やコンビニエンスストアですね。

またせっかく日本に来てくれたのですから、来てよかったと感じて頂けるようなすてきな経験を過ごしてほしいものです。自分が知っているいいお店を教えてあげることもありますね。

そこで今回は受け入れた外国人に近所の施設やおすすめの観光スポットを教えてあげる時の英語フレーズ、英単語ををまとめてみました。

近所の施設や観光スポットを教えてあげる時のフレーズ・英単語

よく使う施設の英語名

  • コンビニ:convenience store
  • スーパー:supermarket, grocery store
  • 駅:station, 〇〇(駅の名前) station
  • 区役所:ward office, city office
  • 大使館:Embassy
  • 郵便局:post office
  • 病院:hospital, general clinic(総合病院)
  • 薬局:pharmacy, drugstore
  • 遊園地:amusement park

施設や観光スポットを聞かれる時の質問文

  • Could you tell me how to get/go to 〇〇(場所)?
  • Could you help me find 〇〇?
  • May I know where 〇〇 is?
  • How can I get to 〇〇?
  • Please tell me how to get to 〇〇.
  • I’m looking for 〇〇.


※これらは行き先が明確に分かっている場合に聞かれます

しかし、皆さんが同じ質問ではありません。

Where can I have Japanese food for lunch?

(どこで日本食が食べられますか?)

このような質問だと回答はどうなるでしょう?

⇒There is 1 famous Japanese restaurant near here.

(ここの近くに有名な和食レストランが1つあります。)

I would like to go shopping. Do you know the right place to buy clothes?

(買い物に行きたいのですが、服を買うのに適したところは知っていますか?)

⇒Yes, I will show you the nearest shopping mall.

(はい、知っています。一番近いショッピングモールをご紹介します。)

I would like to experience some Japanese traditional things.

(何か日本の伝統の事を体験したいのですが。)

⇒I recommend you to go to 〇〇(場所). You can experience 〇〇(体験できる事) there.

(〇〇(場所)をお勧めします。そこでは〇〇が体験できますよ。)


まず初めの返事はこのようになります。その後道案内の英語です。こちらは後ほど詳しくご説明します。

道案内の際に、一緒に連れて行ってあげられる時のフレーズ

このような場面は少ないかもしれませんが、同じ方面へ向かう時や偶然同じ場所に行こうとしていれば一緒に連れていく時もあると思います。

  • I will show you how to get there/get to 〇〇(場所).
  • I will take you there/ to 〇〇.
  • I will go with you.
  • Let me take you to the place.

何個も暗記する必要はないので、すぐに出てくるフレーズを1つ覚えましょう。

「Would you like me to take you the place?

(目的地まで連れて行って欲しいですか?)」

と最初に聞いてもいいでしょう。外国の方は遠慮せずに「Yes/No」はっきり言う方が多いので、「連れて行きますよ!」と初めから言うより確認するのもいいかと思います。

道案内の際に使えるフレーズ

  • Go straight on this street.
    (この道を真っ直ぐ進みます。)

  • Go past the traffic light and it’s next to 〇〇.
    (その信号を通り過ぎ、〇〇の隣にあります。)

  • Turn right/left at the second corner.
    (二つ目の曲がり角を右/左に曲がります。)

  • You will see 〇〇(目的地) on your right/left.
    (あなたの右/左側に〇〇が見えます。)

  • It’s about 10 minute walk from here.
    (ここから徒歩約10分です。)

おすすめのスポットを教えてあげる時

今回のおすすめスポット例:Motenashi Kuroki(ラーメン屋)

Have you heard that Japan is famous for Ramen?

Even if you have never heard of it, I recommend you go to Motenashi Kuroki. You can walk from here for 5 minutes.

But be careful! This is a very popular Ramen restaurant and many people are always waiting in line. Please make a flexible plan after Ramen!

日本はラーメンが有名って知っていますか?

聞いたことが無かったとしても、私は「饗 くろ喜」をおすすめします!ここから徒歩5分で行けますよ。

でも気を付けてください!ここはとても人気のラーメン屋なので、いつもたくさんの人が並んでいます。ラーメンを食べた後の予定は、余裕を持ってくださいね。

ポイント

今回はかなり口語的な英語をご紹介しています。
ポイントは、「Please make a flexible plan (スケジュールに余裕をもって下さい。)」というフレーズです。

「flexible」は「柔軟な」という意味です。「柔軟な計画」で「余裕をもった計画」となります。

もう一つ、「wait in line (列に並ぶ)」もポイントです。「line up」でも同じ意味になりますが、行列など列ができている際に並ぶのであれば、「wait in line」を使いましょう!

まとめ

いかがだったでしょうか?

見知らぬ海外の土地へ来た海外の方にとってはわからないことがたくさんあると思います。私たちが海外旅行へ行って感じることと同様ですね。

ぜひ本日のフレーズなどを活用して外国の方とコミュニケーションをとってみてください。日本を好きになってもらえるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です